本文へ移動

ブログ

ブログを通して、園の子どもたちの様子をお伝えします。お楽しみに!
RSS(別ウィンドウで開きます) 

育児講座「旬を食べよう!」

2016-10-27
 本日、育児講座「旬を食べよう!」を行いました。たくさんの親子の方にご参加いただき、熱心に受講していただきました。四季がある日本に暮らしながら、四季(旬)が感じにくい現代の日常生活、私たち大人はどのようにして子どもたちに四季や旬・伝統行事を感じ、伝えていけば良いのでしょうか?
 今日は、「旬」についての知識、「旬を取り入れる工夫や活動」「岡山の旬」「地産地消」など学びました。その後、『うさんぎさんのスイートポテト』を親子で試食しました。お芋は、理事長先生の畑のお芋でした。子どもたちもたくさん食べてくれました。最後に、参加者のみなさんで「旬について」お家でしていることを学び合いました。

保育園のお芋を掘りました!

2016-10-26
本日、プランターに植えていたお芋をみんなで掘りました。土を掘ったり、つるを引っ張ったり、お芋が出てきた後は、おいものつるで『電車ごっこ』をして遊びました。今日掘ったお芋は、みどり組さんが理事長先生の畑で掘って背負って帰ってきたお芋と一緒にして、「旬を食べる朝のおやつ」の日に食べたり、クッキングをしたり、給食で食べたいと思います。

芋ほりに行きました!

2016-10-21
 本日、みどり組さんは、大元駅から電車に乗って、理事長先生の畑に芋ほりに行きました。切符の使い方や電車の乗り方やマナーなどを教えてもらい、ホームで電車を待つ間も「黄色い線から出たら危ないよね」と友だち同士で気を付けあう姿が見られました。
 畑に向かって歩く道中も「どんなおいもがあるかなぁ?」「たくさんあるかなぁ?」と期待に胸を膨らませ歩いていきました。芋ほりが始まると、最初は手が汚れることが苦手な子どももいましたが、次第に慣れて「ここにあったよ!」「ここにも、ほら!」と紫色の頭が見えてくると、歓声を上げて喜んで掘っていました。子どもたちは畑のミミズにもたくさん出会いました。掘ったおいもは、リュックに入れて、また電車に乗って持ち帰りました。途中で「疲れた~」という声も出ましたが、「リュックの中のおいもがね、『がんばって私たちおいもをこじか保育園に持って帰ってね!』って言ってるよ!がんばって!」と保育士が言うと、力が湧いてきて、保育園まで頑張れました。重いランドセルを背負って小学校に行く練習にもなったかなと思います。
 保育園に帰って、午後にいものつるで「クリスマス用のリース」を作りました。うまく輪にすることが難しかったけど、みんな自分のリースを作りました。乾いたら、飾りをつける予定です。お楽しみに!

食事のマナーを学びました!

2016-10-19
 今日は、栄養士の先生が、もも組さんとみどり組さんに食育指導「食事のマナー」をしてくれました。紙芝居を読んでくれた後に、「椅子の座り方は、どうしたら良いかな?」「お皿の持ち方は?」など問いかけ、子どもたちは考えて、活発に色々な意見を出し合っていました。
 その後の給食の時間では、「こうやってすわるんだよ!」「お皿はこうやって持つといいんだよ!」と子どもたち同士で教え合ったり、先生たちにも親切に教えてくれました。きい組さんは、21日(金)に食育指導をする予定です。

遠足に行ったよ!

2016-10-14
 今日は遠足日和の天気でした。もも・きい・みどり組さんは、大型バスに乗って、池田動物園に行きました。異年齢のお友だちとペアを組んで手をつなぎ、グループ(メロン・バナナ・リンゴ)で行動しました。大きなクラスのお兄ちゃん・お姉ちゃんが小さい子の面倒をとてもよく見てくれました。動物園では、たくさんの動物を見て、たくさんのことを学びました。みどり組さんは、事前に「どうぶつ」のリサーチをしていたので、「調べていたことと同じだったよ」「指が6本もあるんだって!」と新しく知った動物の知識に興味津々の会話が友だちと続いていました。
 あか・ひよこ組さんは、近くの公園に歩いて行きました。みんな手をつないで上手に歩けましたよ。そして、みんなで道端や公園の中で秋をたくさん探しました。
 お弁当の時間では、「これ、おかあさんがつくってくれたおべんとうなんだ~」「きょうは、パパがつくってくれたよ!」と家族の方の心のこもった愛情たっぷりの弁当に子どもたちは大喜びでした。 
 お忙しい中、朝早くからおいしいお弁当を作っていただき、ありがとうございました。
社会福祉法人宮川福祉会
こじかこども園
〒700-0911
岡山県岡山市北区大供本町715-5
TEL:086-226-2071
0
6
3
9
2
3
TOPへ戻る